体験

Jacques Restaurant on Oceania Cruises

ジャック

フランス料理への情熱

マリーナリビエラの船上にご用意した「ジャック」は、パリのビストロをモデルにしており、代々受け継がれたアンティーク家具、酸洗木材の家具、ジャック・ペパンの個人コレクションからのアート作品で贅沢に飾られています。店内は快適で様々な要素が入り混じった、フランスらしい雰囲気。料理もまた、都会的ながらも懐かしい味の、まさにフランスらしい料理に仕上げられています。赤く輝くロティスリーではチキン、ダック、豚肉、牛肉、子牛肉がゆっくりとローストされ、おいしいアロマが漂います。どの料理も、マスターシェフ、ジャック・ペパンの創意工夫が加わった伝統料理。ロティスリーでローストされた鶏肉は身離れがよく、風味たっぷり。スズキの切り身とブールブランの絶妙な取り合わせジャックはまさに「マニフィーク」(最高)!

マリーナおよびリビエラの船上でディナーにご利用いただけます。ご予約が必要です。