• Oceania Logo

オーシャニアクルーズ マリーナ

2020年5月に登場 - 新装オーナーズ スイート

家具はすべてラルフ ローレン ホームのインテリア

ラルフ ローレン ホームのインテリアで統一されたオーナーズ スイートは、オーシャニア クルーズ ブランドを象徴する客室であり、航海に対するラルフ ローレンの想いとハリウッドの華やかさ、そして時代を超越したクラシックな美しさを反映しています。細部にまで究極にこだわり、ファブリックのレイヤーを施した客室には、ラルフ ローレン ホーム独自の魅力が光ります。スイートのベランダに置いた屋外用クッションのカバーにも赤、白、青のストライプのファブリックをあしらうなど、あらゆるディテールにローレン氏の「アメリカンデザイナー」らしさが表れ、慈善活動の一環として同氏が手がけたワシントンD.C.にあるスミソニアン博物館の星条旗の復元を想い起こさせます。

新装オーナーズ スイートは、マリーナにて2020年5月よりご利用いただけます。マリーナに導入される設備改良や新しい船上体験の詳細については、2019年前半にご案内できる予定です。


Experience OceaniaNEXT



現代的な快適さの極み

現代的で洗練された内装を施したマリーナの船内には、さりげなくエレガントな雰囲気が漂ってます。きらびやかな大階段ラリック グランド ステアケースからラルフローレンホームコレクションの家具を配した極上のオーナーズスイートまで、船内の随所にデザイナーのインテリアをあしらい、上質なレジデンス風のデザインや家具にこだわった内装です。オーシャニア・クルーズの魅力が詰まったマリーナの船内で、旅をご満喫ください。

くつろぎとラグジュアリーの船、マリーナは、姉妹船のレガッタインシグニアノーティカ、そしてシレーナと同様の温かみと魅力を備えています。カントリークラブカジュアルな雰囲気と行き届いたサービスのレベルは同じですが、マリーナはより多くのチョイスと嬉しい最新アメニティもご用意しています。グルメなお客様や旅慣れたお客様にもご満足いただけるようデザインされたマリーナ。複数のダイニング施設のうち、6軒はサーチャージなしでお楽しみいただける自由席のグルメレストランとなっています。ラ レゼルブ バイ ワイン スペクテーターでは興味深いセミナーやテイスティング、グルメフードの試食などが開催されます。キュリナリーセンターは洋上で唯一の実践型クッキングスクールです。マスターシェフによるさまざまなクッキングクラスで料理の幅を広げませんか。また、アーティスト ロフト エンリッチメントセンターでは、才能あふれる常駐アーティストがていねいに指導するアート&クラフト教室を開催しています。オリジナルコーヒーバー、バリスタスでは、イリー製のエスプレッソやコーヒーと、焼きたてペーストリーを味わっていただけます。 ロマンチックなラウンジも多数ございます。客室は、どのカテゴリーにおいても信じられないほど広々としており、特にバスルームは豪華でゆったりしています。

これほど多くのアメニティを追加していても、慣れ親しんだ船上の雰囲気とクルーズ体験は健在。お客様にご好評いただいている要素はすべてそのままに、さらにクオリティを高めることに成功しました。お客様のお越しをお待ちしております。

マリーナ クルーズ